ゆらり庵blog

 
つかれたらおいで、癒しがあるから。新しいこと始めたくなったらおいで、仲間がいるから。
語りたくなったらおいで、話を聞くから。「おかえりなさい」が、待ってる場所。--ゆらり庵

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | スポンサードリンク
*ともゑ*

最近すごくいろいろなことがあって、大好きだった彼と別れた。

居心地が良くて楽しかったけど、
お互いを見つめ合って、完結してしまう関係だった。
大好きだけど、「何かが違う」という声が自分の中から聞こえた。
彼と一緒にいる自分は、自分らしくなくなっている気がした。
 
大好きな人と別れるのは、つらい。
つらいけど、自分自身と何度も何度もぶつかって、心の声を聞いて、
もがいてもがいて成長して、なんとか乗り越えた。
 
不思議なことに、乗り越えたすぐ後くらいに、
迷いなく一緒にいたいと思う人と出会った。

 

なのに今朝、前の彼の夢を見た。
秋晴れの空がすっごく澄み渡る中で、
サイクリングをしながら手をつないで、
Coocoの「raining」を歌った。
 
空と同じように心も澄みきって
美しい空は2人の未来のようで、
とても気持ちがよい夢だった。
 
目が覚めたとき、それが夢だったとことと
そんな夢を見たことに、切なくなった。
 
2年半つきあってて、大好きだったのだから、
そう簡単に忘れることはできないのか。
そして彼は、今朝私が味わった切なさの
何倍も切ない思いをしているのかもしれないと思うと
胸の奥がかきむしられる。
 
なんでこんな夢を見たのかわからないけど、
切なくて、でも私の心は、
夢の中の空と同じくらいすっきりと澄みきっている。
 
今朝見た夢は、現実にはならなかった、
でも夢に描いた2人の未来なのかもしれない。

ともゑ

20:07 | 5.ともゑの日記保管庫 | comments(0) | trackbacks(0) | ゆらり庵
*ともゑ*

「いつか岡ちゃんと仕事で絡みたい」
まえまえから夢みていたことが、ついに実現する日が来ました…(涙)

雑誌で「山ガール」の特集を組むことになり、
読者モデルを岐阜市の金華山で撮影することに。

企画書や原稿校正は岐阜市へお願いするのですが
この企画を広報をしている岡ちゃんが担当することに!!



8月20日に無事撮影終了!!
岡ちゃん、いろいろ手配してくれてありがとう。
さあ、原稿書かなくては・・・

ともゑ
21:43 | 5.ともゑの日記保管庫 | comments(0) | trackbacks(0) | ゆらり庵
*ともゑ*

勝手に兄的存在として慕っているM野さんに会いに、
M野さんの実家である三重県・亀山を訪れた。

M野さんと出会ったのは大学時代、18歳のとき。
大学もサークルも違い、あまり接点がないはずなのに
不思議なご縁でもう10年のつきあいになる。



この日のテーマは
「M野さんの人生を巡る旅」。




M野さんの生家からスタートし、育った家、小学校、中学校、高校、
家出したときに住んでいた家、よく行った海、などを巡る。
当時の葛藤とか想いとともに。



人の人生の中に入り込むって、おもしろい。





もうひとつ、来たかった理由があった。

それは、海のざわめきとか、
稲穂が風に揺れる瞬間の心の震えとか、
燃えるよう沈む夕陽とか

そういうのを静かに感じたかった。



つまり、
レイチェル・カーソンの「センス・オブ・ワンダー」!





「海が青いのは、空が青いから」

とはよく聞く言葉だけど
空の色がピンクいと、海の色も本当にピンク色になるのだ、
と知った。
01:22 | 5.ともゑの日記保管庫 | comments(0) | trackbacks(0) | ゆらり庵
*ともゑ*
 

気づけば、もうあっという間に8月。
暑くてカラダとけそう。

忙しくて毎日がどんどん加速していくけど、
あ、空って青くて美しいんだなって
感じながら生きていきたい。

ともゑ
09:00 | 5.ともゑの日記保管庫 | comments(0) | trackbacks(0) | ゆらり庵
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>